矯正治療のことなら茨城県行方市の山口歯科医院にお越しください

なぜ鼻呼吸が大切か?

  • HOME »
  • なぜ鼻呼吸が大切か?

なぜ、息(いき)をすうか?

―呼吸(こきゅう)の目的-

  • からだの細胞(さいぼう)に0₂(さんそ)をわたし、あまったC0₂(にさんかたんそ)をとりのぞくO₂は細胞(さいぼう)のごはん
  • O₂がすくないと、

あたまがはたらかない!

おちつきがない!

うんどうがへた!

  •  O₂がかんぜんになくなると、すぐ死んでしまう

呼吸(こきゅう)の目的

よい呼吸(こきゅう)☞健康(けんこう)なからだ

1.空気(くうき)の通り道(とおりみち)=上あごの正常(せいじょう)な発育(はついく)

2.空気(くうき)をすったり、はいたりするポンプ

3.ポンプをうごかすシステム

空気(くうき)をすったり、はいたりするポンプ

肺

  • ひとがもつ2つのポンプ

①横隔膜(おうかくまく)をつかうポンプ

②胸(むね)や肩(かた)をつかうポンプ

血管の少ない肺の上1/3しか使わない。

⇨換気効率の低下⇨呼吸数の増加。

正しい呼吸数(こきゅうすう)は、

1分間に

8-12回

横隔膜(おうかくまく)をつかうポンプ

横隔膜(おうかくまく)ってどこ?

横隔膜(おうかくまく)をかんじよう!

姿勢(しせい)が大事(だいじ)。

よい姿勢は、足のサポートから始まる。足が、骨盤を支え、骨盤が脊柱を支え、脊柱が頭蓋を支える。

姿勢(しせい)が大事(だいじ)足が、骨盤を支え、骨盤が脊柱を支え、脊柱が頭蓋を支える

ポンプをうごかすシステム

さいぼうにO₂をわたすカギ

CO₂がたくさんあると、たくさんわたせる

CO₂がすこしだと、すこししかわたせない

CO₂の大切(たいせつ)な3つの役割(やくわり)

からだの中にたくさんCO₂があると、さいぼうにたくさんO₂をわたせる

からだの中にCO₂をたくさんにするほうほう

  • 体(からだ)が必要(必要)なのは、6.5%
  • 空気中(くうきちゅう)には、0.03%
  • CO₂をからだの中で作って、貯(た)めておかなければならない。
  • CO₂は、運動(うんどう)と消化(しょうか)作(つく)られる。
  • CO₂は、血液(けつえき)と肺(はい)貯(た)められる。

口をあいてねていると・・・

CO₂は、運動と消化で作られるが、寝ていると運動していないので、二酸化炭素は少なめなのに、口をあいていると肺の二酸化炭素が逃げていく。酸素が細胞にいきわたらず、朝起きた時に既に疲れている。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0299-73-2241 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP