お口を生涯、健康に保ち、よく食べ、よく話し、よく笑う生活をしたいと願う人々を専門的立場からサポートする山口歯科医院 予防・インプラントセンター
ブログ
  • HOME »
  • 咬合治療

咬合治療

咬合治療

かみ合わせ(咬合)は、以下の4つに分類することができます。

①理想咬合

文字通り理想的な咬合

②生理的咬合

健全な歯列をもつひとでも理想「咬合治療において守るべき約束事」咬合の人は、数%しかいません。大部分の人は理想的でない咬合なわけですが、だからといってそれが原因で病的な徴候を認めることは稀です。これはひとがもつ「適応能力」のためです。つまり、理想咬合からのづれが生理的範囲であれば、生理的咬合とし、例外を除き、その咬合位で詰め物やかぶせものを装着します。

③病的咬合

理想咬合からのづれが生理的範囲を超えてしまい、病的徴候を認めるもの。病的徴候とは、レントゲンなどの検査により客観的に異常を認めるもの

④治療咬合

病的咬合のひとの歯を治療する場合、理想咬合を目指し咬合を再構成してつめものやかぶせ物を装着します。理想咬合を具体化する際には、「咬合治療において守るべき約束事」にしたがって治療を行います。方法としては、まず、「咬合治療において守るべき約束事」の要件をみたした仮歯(プロビジョナルクラウン)をいれます。そして、しばらく生体の適応を観察し、調整を行います。いきなり最終補綴を行わないのは、sudden Surprise があるからです。これは、いくら理想的な咬合を与えても何十年親しんだ咬合から突然咬合が変化すると、体が適応できないことがあるからです。したがって、仮歯を使い一定期間適応を観察し、体に適応した仮歯をコピーして最終補綴におきかえます。


それでは、そうした症例を見てみましょう

①高度の歯ぎしりと食いしばりにより、歯の磨耗が進んだ結果、前噛みとなり、臼歯部では歯根破折を繰り返した例

初診

高度の歯ぎしりと食いしばりにより、歯の磨耗が進んだ結果、前噛みとなり、臼歯部では歯根破折を繰り返した例

インプラント埋入及び「咬合治療において守るべき約束事」の要件をみたした仮歯装着

インプラント埋入及び「咬合治療において守るべき約束事」の要件をみたした仮歯装着

最終補綴(技工)

最終補綴(技工)

最終補綴装着

最終補綴装着

同レントゲン

最終補綴装着 レントゲン

① 歯周病による病的歯牙移動により上顎前歯にフレアリング・咬合低下を起こした症例

歯周病による病的歯牙移動により上顎前歯にフレアリング・咬合低下を起こした症例

「咬合治療において守るべき約束事」の要件をみたした仮歯で咬合を挙上した仮歯を咬合器上で製作

「咬合治療において守るべき約束事」の要件をみたした仮歯で咬合を挙上した仮歯を咬合器上で製作

上顎前歯に歯周外科およびクラウンレングスニング

上顎前歯に歯周外科およびクラウンレングスニング

生体の適応能力をみながら仮歯調整・交換、審美検討

生体の適応能力をみながら仮歯調整・交換、審美検討

最終仮歯

最終仮歯

補綴終了

補綴終了

初診との比較
初診との比較

この治療結果は、個人差があり、すべての方でこのような経過をたどるものではありません。
基本的には保険適用ですが、治療内容によっては自費治療となる場合があります。
治療費についてはこちらを参考にして下さい。
お問合せは:TEL 0299-73-2241

PAGETOP